webdevelopment-tips.info

ИСАА МГУ

ИСАА МГУ 6
скачать файлНаучно исследовательский
Иркутский государственный технический университет
日本語
Тексты
Для обучения чтению
на японском языке
読む
Иркутск 2013г.
Тексты для обучения чтению на японском языке: Методические указания. Составитель А.П.Балтуев. – Иркутск: 2013г.
Предлагаются тексты на японском языке для выработки навыков чтения. Тексты даны на японских слоговых азбуках катакана, хирагана на первом курсе и комбинированным письмом по нарастающей сложности для студентов продвинутого этапа.

Тексты применимы как для чтения на практических занятиях по японскому языку, так и для самостоятельной работы студентов в качестве домашнего чтения.

Предназначены для преподавателей, студентов, изучающих японский язык, а также для всех, кто интересуется японским языком.
Рецензент первого издания: доцент кафедры восточных языков факультета восточных языков ИГЛУ, канд. ист. Наук И.В.Шалина.
ПРЕДИСЛОВИЕ

В данной работе имеются тексты для чтения на японских слоговых азбуках «катакана» и «хирагана» для студентов 1-го курса и тексты комбинированного письма по нарастающей сложности для последующих курсов.

Тексты для 1-го курса содержат простые предложения. Далее предлагаются более сложные учебные тексты, приближенные к оригинальным, в конце пособия даются оригинальные тексты.

На занятиях вначале даётся задание прочитать текст с соблюдением интонации без заданного темпа чтения (возможно для ознакомления задание текста на дом), затем – повторное чтение в определённом темпе с соблюдением интонаций. Следующий шаг – разбор текста и его перевод.

При работе с текстами преподаватель разбивает тексты по определённому количеству знаков между присутствующими студентами. При количестве студентов в группе, превышающем количество абзацев или минимальных отрывков текста, допустимо деление группы на две подгруппы и организация повторного чтения по подгруппам.
Текст 1
Для чтения на азбуке «катакана»
ワタシノイチニチ
Мой день

ワタシハ ロクジハンニ オキマス。ハヲ ミガイテ カオヲ アラッテ シュクダイヲ ヤリマス。ソレ カラ アサゴハンヲ タベテ ヨーフクニ キカエテ シチ ジ ハンニ ダイガクニ デカケマス。バスニ ノッテ ソレ カラ スコシ アルキマス。ジュギョウハ ハチ ジ ジュウ ゴ フンニ ハジマリマス。コーギハ ムズカシイ デス ガ オモシロイ デス。イチ ジニ チュウショクヲ トリマス。トモダチト ショクドウデ ケーキ ヤ ピロシキヲ チャベテ、コーチャヲ ノミマス。サン ジニ ジュギョウハ オワリマス。ソノ アト、トショカンヘ イッタリ カフェ ヤ エイガカンヘ イッタリ サンポシタリ シテ、ウチヘ カエリマス。ハチ ジニ ユーショクヲ タベマス。ソレ カラ テレビヲ ミタリ シンブン ヤ ホンヲ ヨンダリ シマス。トキドキ トモダチニ メールヲ カイタリ、デンワヲ カケタリ シマス。シュクダイヲ シテ オフロニ ハイリマス。ジュウ イチ ジニ イツモ ネマス。


Новые слова
ハ – зуб, зубы

ミガク – шлифовать, полировать

カオ – лицо

アラウ – мыть

シュクダイ – домашние задания

ヤル – делать, заниматься

キカエル – переодеваться

デカケル – выходить

アルク – шагать, идти пешком

ジュギョウуроки, занятия

ハジマル – начинаться

コーギ – лекция

ムズカシイ – трудный

トル – брать, получать

ショクドウ – столовая

トショカン – библиотека

エイガカン – кинотеатр

メール – послание, (male)

カケル – разговаривать по телефону, висеть

オフロ – ванна

イツモ – всегда, обычно
Текст 2
Для чтения на азбуке «хирагана»
クリスのにっき
Дневник Криса
しがつ じゅうよっか
あさ ろく じはんに めざましとけいを かけて おいた のに とめて しまった らしい。また、ねぼうを して しまった。はち じ だった。まりこを おこす と、あわてて おきた。〔ちこく しちゃう〕 と いいながら、はを みがき、かおを あらい、けしょうを して、なにも たべないで、でて いった。エミを おこして、おむつを

とりかえ、ようふくを きせ、おばあちゃんに あずけに いった。

  けっきょく、けさも ぼくが エミの めんどうを みる ことに なって しまった。それ から かるく あさごはんを たべ、ひげを そりながら しんぶんを よんだ。おもしろい きじが あった ので、むちゅうで よんで いたら きゅうじ はんに なって しまった。きょうは ゴミの ひ だったので いそいで ゴミを だし、ストーブを けし、とじまりを して、うちを でた。
Новые слова
めざましとけい – будильник

かける – звонить

のに – хотя, несмотря на…

とめる – остановить, выключить

らしい – похоже, кажется, по-видимому

ねぼうをする – проспать

しまう – закончить, (к гл. – законченность действия)

おこす – будить, разбудить

あわてる – суетиться, волноваться, теряться

ちこく – опоздание

おむつ – пелёнки

あずける – отдать на хранение, в депозит, на попечение

けっきょく – в конце концов

めんどう – беспокойство, затруднение, забота

かるい – лёгкий

ひげ – усы, борода

そる – брить, побрить

きじ – статья, заметка

むちゅう – вне себя, самозабвенно

けす – гасить, выключать

とじまり – замыкание, запирание дверей

クリスマス


(Рождество)
日本人の大多数がキリスト教徒(きょうと)でないにもかかわらず, 日本 の子供達はクリスマスを首を長くして待っている。それは, クリスマスには プレゼントがもらえ, クリスマスケ-キが食べられるからである。 子供達は, 十二月二十五日はキリスト降誕(こうたん)を祝う日であるなどと言うことはどうでもよく, 父, 母, 祖父, 祖母が何をくれるかだけに関心(かんしん) を持 っている。

幼(おさな)い子供は本当にサンタクロ-スが贈(おく)り物を靴下(くつした) の 中にいれてくれると信(しん)じている。そのため,クリスマスイブの夜, 枕 元 (まくらもと)に靴下をおいて, サンタクロ-スがソリに乗ってやって来る のを 夢見ながら,寝入(ねい)る。小学校の 2, 3 年生にもなると, 本当は, 父か 母, 祖父か祖母がプレゼントをくれるのだと言うことを知るようになる。何 人かの子供は, クリスマスプレゼントをもらいたいために, そんなことはおく びにも出さないで, サンタクロ-スが本当にいると信じているふりをする。

どうしてクリスマスが日本に定着(ていちゃく)したのかは分らないが, 多分, 商売のおかげ, 菓子業者(かしぎょうしゃ)やおもちゃ業者の宣伝(せんで ん)のおかげであろう。莫大(ばくだい)な利益(りえき)をあげようと, 彼らは 人々にクリスマスプレゼントやクリスマスケ-キを買わせようとあらゆるこ とをしている。
かかわらず – несмотря на

降誕(こうたん) – рождение

関心(かんしん) – интерес

幼(おさな)い – детский

信(しん)じる – верить

イブ – канун

ソリ – сани

寝入(ねい)る – заснуть

おく びにも出さないで – не заикаясь

ふりをする – делать вид

定着(ていちゃく) する – закрепить, закрепиться

おかげ – по причине, благодаря

宣伝(せんでん) – пропаганда

莫大(ばくだい) – огромный, крупный

正月(しょうがつ)

(Новый год)


一月一日,元旦(がんたん)の朝(あさ),ふつう日本人はおぞうにとおせち料理(りょうり) [数の子(かずのこ), くりきんとん, 黒豆(くろまめ),昆布巻 (こ んぶま き),卵焼(たまごやき), 蒲鉾(かまぼこ), 煮しめ(にしめ) 等(な ど)] を食べ(たべ), 新年(しんねん)を祝い(いわい), 家族(かぞく)全員 (ぜんい ん)の健康(けんこう) を願う(ねがう)。

朝食(ちょうしょく)の後(あと),親兄弟(おやきょうだい),親戚(しんせき), 知人(ちじん)の所(ところ)に年始(ねんし)に行く(ゆく)。あるいわ,家 (いえ) で年 賀(ねんが)の客(きゃく)を迎える。酒(さけ)を飲(の)んだり, おせち料理を食べた り,お菓子(かし)を食べたりしながら,夜(よる)遅く (おそく)まで歓談 (かんだん) して時間(じかん)を過(す)ごす。

お正月には日本人の女性(じょせい)と一部(いちぶ)の男性(だんせい)はしばしば着物(きもの)を着る。そして, 多(おお)くの日本人が松 (まつ)の 内(うち)に [元旦から7日まで]門口(かどぐち)に門松(かどまつ)を飾る。 そのため, この時期(じき)には町(まち)で美(うつく)しく着飾った(きか ざった) 人々と緑色(みどりいろ)の門松を目(め)にすることができる。この 光景(こうけい)は,目を楽 (たの)しませ, すがすがしい気持ちにしてくれる。

[もういくつ寝(ね)るとお正月,お正月にはたこ揚(あ)げて, こまを回(まわ) して遊(あそ)びましょう。早(はや)くこいこいお正月...] と,童謡(どうよう) で 歌(うた)われているように,以前(いぜん)はほとんど すべての子供(こども)たちがたこあげをしたり,こままわしをしたり,羽根(はね)つきをしたりした。 現在 (げんざい)では,子供たちは別(べつ)の遊びを して正月をすごす。けれどもなぜか,たこあげはよくする。それで,この時期には,空高く(そらたかく)上がったたこをいたるところで目にすることができる。

お正月における子供たちの最大(さいだい)の関心事(かんしんじ)はお年玉(としだま)である。だいたいにおい,お年玉はお金(かね)で親や, 祖父(そふ) や, 祖母(そぼ)や親戚や,年賀の客などからもらう。この時期には,子供たちは かなりの額(がく)のお年玉を貯(た)めることができる。このお金で彼ら(かれら)はおもちゃ, 本(ほん)などを買う。けれども, なかにはしまりやの子供も いて, お年玉を貯金(ちょきん)する。正月の4日から5日にはたくさんの子供た ちが銀行(ぎんこう)や郵便局(ゆうびんきょく)にお年玉を預けにやってくる。
Новые слова
正月 – Новый год

元旦 – первый день Нового года

ぞうに – новогодний суп с рисовой лепёшкой и овощами

おせち – специальный новогодний комплекс блюд

数の子 – селёдочная икра

菓子 – сладости

くりきんとん – пюре из батата с варёными сладкими каштанами

黒豆 – чёрные бобы

昆布 – морская капуста

巻く-заворачивать, обёртывать

蒲鉾 – рыбная паста, фарш, рыбные колбаски

煮しめる – разварить

年始(年賀) – новогодние поздравления

歓談 – приятная беседа

しばしば – часто, нередко, не раз, снова и снова

光景 – зрелище

すがすがしい – свежий, освежённый

揚げる(上げる) – поднимать

こま – волчок, юла

童謡 – детская песенка

いたる – достигать, доходить

おける – в


関心事 – интерес

年玉 – новогодний подарок

かなり – довольно, изрядно, порядочно

額 – сумма, количество

貯める – скопить, накопить

しまりや – экономный, бережливый

貯金する – положить деньги (в банк и т.д.)

銀行 – банк

郵便局 – почтовое отделение

預けるотдать деньги на хранение, в депозит


成人式(せいじんしき)

(День совершеннолетия)

一月十五日は成人の日(ひ)である。日本では二十歳(さい)になると,一人(いちにん)前(まえ)の大人と見なされ, 選挙権(せんきょけん) が与(あた) えられる。

成人の日には各地区(かくちく)で各自 治体(かくじちたい)が公民館(こうみんかん)などで成人式を開(ひら)いて成人を祝(いわ)う。東京に勉強するためや働くために上京(じょうきょう)している二十歳の若者(わかもの)たちの多(おお)くが故郷(こきょう)に戻(もど)り,成人式に出席(しゅっせき)する。そして, 旧友(きゅうゆう)たちと再会(さいかい)して歓談(かんだん) する。

男も女もほとんどが晴(は)れ着(ぎ)を着て出席する。男は三つぞろい, 女は振袖(ふりそで)を着る。すでに仕事(しごと)についている者(もの)は, 自 分(じぶん)で稼(かせ)いだ金で晴れ着を買うが,まだ大学などで勉強し ている若者は親(おや)にその金を負担(ふたん)してもらうことになる。一生(いっしょう)にたった一度の祝いのために親は出費(しゅっぴ)を強(し)いられる。娘(むすめ)に振袖の着物(きもの)を着せるために,5,60万円を 払(は ら)わなくてはならない。そのため貸(か)し衣裳屋(いしょうや)で振袖を借りる人もいる。

父親(ちちおや)は娘がいつまでも親のすねをかじっていると文句(もんく)を言いながら,内心(ないしん)では喜(よろこ)んで娘に晴れ着を買ってやっている。それで,自前(じまえ)の振袖を着る娘の方(ほう)がはるかに多いであろう。

無駄(むだ)な出費を控(ひか)えた方がよいと考(かんが)えて,地区(ちく)に よっては成人式に平服(へいふく)で出席するようにと呼びかけるところがある。
Новые слова
成人式 – совершеннолетие

選挙権 – избирательные права

与える – получать

各地区 – во всех районах, в каждом районе

自治体 – органы местного самоуправления

公民館 – общественные здания

若者 – молодёжь

故郷 – родная деревня

戻る – возвращаться

出席 – присутствовать, участвовать

旧友 – друзья

再会 – повторная встреча, снова, ещё раз

歓談 – приятная беседа

ほとんど – почти, чуть не, почти что

晴れ着 – праздничное платье

三つぞろい – костюм-тройка

振袖 – кимоно с длинными рукавами

すでに – уже

つく – приступить к работе, прибыть

者 – некто, человек

稼ぐ – заработать

負担する – брать на себя (бремя, заботы, расходы)

一生たった – один раз в жизни

痛い – больной, болезненный, чувствительный

出費 – расходы

強いる – заставить, принудить, навязать

衣装屋 – ателье (пункт) проката

いつまでも – до каких-то пор, долго, неопределённо долго

親のすねをかじる – сидеть на шее у родителей (грызть ноги родителей)

文句 – выражение

内心 – истинное намерение

自前 – собственное

の方がはるかに多い – гораздо больше (кого)

無駄 – излишняя трата

控える – записать, снять копию, сдержать, прекратить, воздержаться

地区 – район

平服 – будничный костюм

呼びかける – окликнуть, воззвать, призвать

バレンタインデ-

(День Святого Валентина)


2月14日は, 以前には全(まった)くなんの行事(ぎょうじ)もなかった。とこ ろが, 15, 16 年前に急(きゅう)に菓子業者(かしぎょうしゃ)が, 2月 14日, バレンタインデ- に女性は好きな男性にチョコレ-トを贈(おく)って, 愛を告 白(こくはく)出来ると言い出した。あっという間(ま)に, これが日本では習 慣(しゅうかん)になってしまった。

この日には, 生徒(せいと)も, オフィスレデイ- も好きな男性にチョコレ-トを贈っている。家庭の主婦(しゅふ)さえも夫にチョコレ-トを贈っている。 そのため, この日には仕事場や学校で男達がチョコレ-トを何枚もらったと 自慢(じまん)し合っているのをしばしば耳にする。現在では, 誰(だれ)も悔(く や)しい思いをしないようにオフィスレデイ- は男の同僚(どうりょう) 全員に 贈ることが多い。これは, 宗教(しゅうきょう)に関係なく, 菓子業者を喜(よろ こ)ばせる祭日の例である。


Новые слова
行事(ぎょうじ) – праздник

急(きゅう)に – неожиданно

愛を告白(こくはく) – объяснение в любви

あっという間(ま)に – очень скоро

さえ – даже

しばしば – часто, нередко

悔(くや)しい – досадный, обидный
節分(せつぶん)

(Канун весны)


2月3日か2月4にちは節分である。元来(がんらい), 節分は季節(きせ つ)の移(うつ)り変(かわ)る日(ひ)をさし, 立春(りっしゅん),立夏(りっか), 立秋(りっしゅう), 立冬(りっとう)のそれぞれの前日(ぜんじつ)であった。 しかし,現在(げんざい)では, 節分と言えば立春の前日, 大寒(だいかん)の 最後(さいご)の日を指(さ)している。かつては,柊(ひいらぎ)の枝(えだ)鰯(いわし)の頭(あたま)をつけて門戸(もんこ)にかざし,日暮(ひぐ)れに豆(ま

め)まきをして厄払(やくばら)いをした。今では,東京ではほとんど豆まきをするだけである。節分の夜には方々(ほうぼう)から[鬼(おに)は外,福(ふく)は内(うち)]と言う豆まきの声(こえ)が聞こえてくる。


節分(せつぶん) – канун весны

元来(がんらい) – первоначально

季節(きせ つ) – сезон года (время года)

移(うつ)り変(かわ)る – сменяться, перемениться

立春(りっしゅん) – начало весны

立夏(りっか) – начало лета

立秋(りっしゅう) – начало осени

立冬(りっとう) – начало зимы

大寒(だいかん) – сильные холода

柊(ひいらぎ) – название кустарника

枝(えだ) – ветка

鰯(いわし) – иваси

門戸(もんこ) – ворота дома, калитка

日暮(ひぐ)れ – сумерки

豆(まめ)まき – разбрасывание бобов

厄払(やくばら)い – изгнание всех бед

方々(ほうぼう)から – отовсюду
ひな祭り (女の節句)

(Праздник кукол)


3月3日はひな祭りである。女児(じょじ)が生まれると,祖父母(そふ ぼ) や親戚(しんせき)や知人がひな人形を買って,初節句(はつぜっく)を祝

う。

初め3月3日に,紙人形(人形 – ひとがた)に自分の汚(けが)れを 移(うつ) して川に流(なが)していたのが, 後(のち)に3月3日の節句を紙人形を 飾 (かざ)って祝うようになった。江戸時代の中期から紙人形でなく他の人形を飾るようになった。最初は3月3日の節句に一対(いっつい)の内裏(だいり)びなを飾った。その後,人形の数と飾りの数は増(ふ)えていった。


現在, 一般(いっぱん)的なひな人形は,内裏びな,三人官女(かんじょ), 五人 ばやし, 随臣(ずいじん),三人仕丁(じちょう)成(な)り立っている。 赤い毛 (もう)せんを敷(し)いたひな段(だん)に上から順(じん)に内裏び な, 三人官 女, 五人ばやし, 随臣(ずいじん), 三人仕丁と調度品(ちょうど ひん) を飾っていく。 おそらく,美しい人形を飾って祝うことから,3月3日のひな 祭りのことを女の節句とも呼ぶのであろう。

3月3日間際(まぎわ)に飾ったり, ひな祭りが終ってもいつまでも片付 (か たず)けないでいたりすると,娘の婚期(こんき)が遅(おく)れると言われてい るので,2月の中旬(ちゅうじゅん)頃には飾ったり, ひな祭りの翌日 (よく じつ) には 片付けてしまう。

ひな祭りには女の子たちは白酒(しろざけ)を飲んだり, 様々なお菓子(かし)を食べ, お しゃ べりをしたりする。最近では,ひな祭りケ-キまで登場(とうじょう) して, 多 くの家庭で買われている。
Новые слова
女児(じょじ) – девочка

初節句(はつぜっく) – впервые в году сезонный праздник

祖父母(そふ ぼ) – бабушки и дедушки

親戚(しんせき) – родственники

知人(ちじん) – знакомые

汚(けが)れ – пятно

移(うつ) す – переносить

飾 (かざ)る – украшать

江戸時代 – эпоха Эдо

一対(いっつい) – пара

内裏(だいり)びな – куклы, изображающие императора и императрицу

増(ふ)える – увеличиваться

一般(いっぱん)的な – типичный

官女(かんじょ) – придворные дамы

五人 ばやし – пять музыкантов

随臣(ずいじん) – телохранители

仕丁(じちょう) – слуги

調度品(ちょうど ひん) – обязательные предметы

日間際(まぎわ) – как раз

片付 (か たず)ける – убирать

婚期(こんき) – брачный возраст

遅(おく)れる – опаздывать

翌日 (よく じつ) – на другой день

白酒(しろざけ) – белое сакэ (сладкий безалкогольный напиток)

菓子(かし) – сладости

登場(とうじょう) – появляться


花見

Любование цветами сакуры

三月の末から五月にかけて新聞,テレビ,ラジオを[桜前線(さ

くらぜんせん)]と言う言葉(ことば)がにぎわす。[前線]などと言う物騒(ぶっそう)な言葉が使(つか)われているが,もちろん戦争 (せんそう)には関係(かんけい)がなく, どの地域(ちいき) で桜の 花が見頃(みごろ)かを示(しめ)すために使われている。 桜前線は 四月上旬(じょうじゅん)頃(ごろ)に東京にやって来て,花に移って行く。

日本の春は桜の花ときってもきれない関係にある。桜の花が咲

(さ)いて初(はじ)めて春が来たと言える。東京には桜の名所(めいしょ)がいくつかあり,満開(まんかい)の頃(ころ)には,大勢(おおぜい)の花見客(きゃく)が押(お)し寄(よ)せる。

桜の木の下に敷物(しきもの)を敷(し)いて,酒(さけ)を飲んだり,弁当(べんとう)を食べたり,歌を歌ったりする。桜の名所は夜も

大賑(おおにぎ)わいである。そこら中(じゅう)で,平日(へいじつ)でも花見の宴会(えんかい)が開(ひら)かれる。職場(しょくば)の親睦

(しんぼく)の一環(いっかん)として花見をする場合(ばあい)も

多(おお)い。けれども,桜の木の下で宴(うたげ)開きたいと思う人は多いので,場所(ばしょ)を確保(かくほ)するのはなかなか大変(たいへん)である。桜の木の下でシ-トに一人座っている人を早朝 (そうちょう)からよく見かけるが,これは場所を取(と)って番をしているのである。こういう役(やく)は大概(たいがい) 新入(しん にゅう)社員(しゃいん)がやらされている。五時過(す)ぎになる

と,酒,弁当,おつまみを沢山持った他(た)の男女(だんじょ) の同 僚(どうりょう)達が三々五々集まって来て,夜遅(おそ)くまで飲めや歌えの大騒(おおさわ)ぎをする。次(つぎ)の朝にはいたる所(ところ)ゴミの山で,何百台(だい)もの清掃車でかたずけなければならない。
前線 – передовая линия, фронт

物騒 – тревожное слово

使う – применять, использовать

戦争 – война

関係 – отношение, связь

上旬 – 1-я декада

移って行く – постепенно двигаться

名所 – известное место

咲く – цвести

満開 – в полном цвету

が押し寄せる – устремляться

敷物 – подстилка

敷く – стелить, подстилать

大賑わい – оживлённый

そこら中(じゅう) – везде

平日 – будни, рабочий день

宴会 – банкет, приём, званый вечер

職場 – рабочее место, место работы, учреждение

親睦 – дружба

職場親睦 – друзья по работе, коллеги

一環 – звено (звенья) одной цепи

場合 – случай, обстоятельство

宴 – пиршество, гулянка

確保 – обеспечивать, гарантировать, бронировать, занимать место

シ-ト – подстилка

役 – служба, работа, должность

大概 – вообще, главным образом

新入 – вновь поступивший, пришедший, новичок

社員 – работник фирмы

他 – другой

同僚 – коллега

三々五々 – один за другим

大騒(おおさわ)ぎ – шумное веселье, переполох

清掃車 – мусороуборочная машина

ゴミ - мусор
ゴ-ルデンウイ-ク

(Золотая неделя)


4月29日緑(みどり)の日(もと天皇(てんのう)誕生日), 5月3日は憲法記念日(けんぽうきねんび), 5月5日は子供の日である。 4月の終り から1週間の間に国民(こくみん)の祝日(しゅくじつ)が次(つぎ)から次へと続(つず)く。さらにはメ-デ-もある。メ-デ-は休日ではないが,多くの 労働者(ろう どうしゃ) が仕事(しごと)を休んでメ-デ-を祝う。その上(うえ), この時期 (じき)は,五月晴れ(さつきばれ)が続くの,1年で一番心地(ここち)の良い時である。 そのため, 4月29日から5月5日までの 期間(きかん)をゴ-ルデンウイ-ク と 呼(よ)ぶ。

4月29日に休み, 4月30日に働き,5月1日にメ-デ-の式典(しきてん)に参加 (さんか)し, 5月2日には働くというのでは, 効率(こうりつ)が悪(わる)いので, 企業(きぎょう)はこの 期間休業 (きゅうぎょう)する。海外(かいがい)で 日本 人は 働き過ぎだとしばしば批判(ひはん)されるので, 1988年から5月4日が日曜 日 でない 場合(ばあい)は, 休日にするという法律(ほうりつ)が施行(しこう) された。 そのため現在(げんざい),この時期の休暇(きゅうか)を1週間にする企業がますます増加(ぞうか)し, 30万人以上(いじょう) の人がゴ-ルデンウイ-クの間に海外 旅行 (りょこう) に行くそ うで ある。

生徒(せいと)も学生もこの1週間全部(ぜんぶ)休みたいと思っている。残念(ざんねん)ながら, 1週間まるまる学校が 休みになる という願望(がんぼう)は 今の 所は 実現(じつげん)していない。それで, 一部の学生は,勝手(かつて)に 大学 も1週間の 間は休校(きゅ うこう) だと決(き)めて, 故郷(こきょう)に帰った り, 海外旅行に 行ったりする。
Новые слова

天皇 – император

憲法記念日 – день Конституции

国民 – народ

祝日 – праздник

労働者 – рабочие

仕事 – работа

祝う – праздновать

時期 – время, пора

五月晴れ – ясная майская погода

心地 – приятное время

期間 – период, время

呼ぶ – звать, называть

式典 – торжество, церемония

参加 – участие

効率 – эффект

悪い – плохой

企業 – предприятие

休業 – закрываться, прекращать работу

海外 – за границей

過ぎる – проходить, переваливать

批判 – критика

場合 – случай

法律 – закон

施行 – принять

現在 – сейчас, в настоящее время

休暇 – каникулы

増加 – увеличение, рост

以上 – свыше, сверх

旅行 – путешествие

生徒 – ученики

全部 – все


残念 – память

願望 – упование, желание

実現 – осуществление, реализация

一部 – часть, доля

勝手 – когда-то, некогда, прежде

決める – решить

故郷 – родина, родные места
Золотая неделя
29 апреля – День зелени (день рождения прежнего императора), 3 мая – День Конституции Японии и 5 мая – День детей. С конца апреля в течение недели государственные праздники отмечаются один за другим. Ещё есть 1 мая, которое не является государственным праздником, но многие рабочие отмечают этот день. К тому же, в этот период стоит хорошая майская погода. Это время самое приятное в году. Поэтому японцы называют период с 29 апреля по 5 мая «золотой неделей».

29 апреля отдыхают, 30 апреля работают, 1 мая участвуют в мероприятиях по случаю 1 мая, 2 мая работают и т.д. В силу этого предприятия не могут работать эффективно и на это время временно закрываются.

Поскольку за границей часто обвиняют Японию в том, что японцы слишком много работают без отдыха, с мая 1988 года принято решение считать 4 мая всегда нерабочим днём. В настоящее время всё больше предприятий увеличивают отпуск в этот период до недели. Говорят, что больше 300 тысяч человек уезжают в заграничное путешествие на «золотой неделе».

И школьники и студенты тоже хотели бы отдыхать всю эту неделю. К сожалению, их желание получить ещё один недельный отпуск пока остаётся только мечтой. Но некоторые студенты сами решают, что университет временно на это время закрыт, и возвращаются в родную деревню или едут за границу.


子供の日

(День детей)


現在では,性別(せいべつ)に関係(かんけい)なく, 5月5日, 子供の日には すべての子供達を祝う。けれども, 以前は5月5日は端午(たんご)の節句 (せっく)と呼ばれ ていた。3月3日のひな祭りには女の子だけを祝うのに 対(たい)して, 端午の節句には男の子だけを祝った。

日本では5月5日に, 男の子のいる家庭では, 鯉(こい)のぼりを庭(にわ) に立て, 家の中に兜(かぶと)とか, 具足(ぐそく)とか, 五月人形(にんぎょう) – 金太郎(きんたろう), 侍(さむらい)若大将(わかたいしょう), 鍾(しょう)き とかを飾(かざ)る。

かつては, 武士(ぶし)はこの日にのぼりをたて, 具足を 飾った。江 戸時代以降(いこう), この習慣(しゅうかん)が一般化(いっぱん か)した。 日本人は, 武士のように男の子が強く健康(けんこう)であるこ とを願(ね が)って,具足とか五月人形とかを飾るのである。中国の伝説(でんせつ)によ ると鯉(こい)は滝(たき)を登(のぼ)って龍(りゅう)になると言われているので, のぼりの代りに鯉のぼりを立てれる。龍になるということは, 立身出世 (りっしゅんしゅっせ)をすることを意味(いみ)している。ふつう, 布製(ぬの せい)の三匹(さんぴき)の鯉のぼりを, 真鯉(まごい) – 父親, 緋鯉(ひごい) – 母親, 小さな真鯉 – 男児(だんじ)を立てる。

ひな祭りの時と同様(どうよう)に, 祖父母(そふぼ), 親戚(しんせき), 知人 (ちじん)が男児に鯉のぼりか, 具足か, 五月人形か,あるいはそのすべてを 買ってやる。そのため, 沢山の孫(まご)のいる祖父母は, 五月人形とひな 人形を買うことになる。喜(よろこ)んで買うけれども, しばしばこのこと をこぼしている。

この日には, 多くの日本人が柏餅(かしわもち)を食べ, 菖蒲湯(しょうぶ ゆ)に入ったり, 菖蒲を飾ったりする。昔の日本人は, 菖蒲は邪気(じゃき) を払(はら)うと考えていたからである。
性別(せいべつ)に関係(かんけい)なく – независимо от пола

端午(たんご) – праздник мальчиков

鯉(こい)のぼり – матерчатый карп

兜(かぶと) – шлем

具足(ぐそく) – панцирь

金太郎(きんたろう) – герой народных сказок

若大将(わかたいしょう) – молодой генерал

鍾(しょう)き – изгоняющий злых духов

以降(いこう) – после

一般化(いっぱん か) – общий для всех

滝(たき) – водопад

代り – награда, вознаграждение

立身出世 (りっしゅんしゅっせ) – добиться успеха в жизни

布製(ぬの せい) – полотняный, из ткани

真鯉(まごい) – чёрный карп

緋鯉(ひごい) – красный (зеркальный) карп

男児(だんじ) – мальчик

同様(どうよう)に – как и (в праздник девочек)

しばしば – часто

こぼしている – жаловаться

柏餅(かしわもち) – рисовая лепёшка со сладкой фасолевой начинкой

菖蒲湯(しょうぶ ゆ) – ирисовая ванна

邪気(じゃき) – злой дух

払(はら)
梅雨(ばいう, つゆ)

(Сезон дождей)

関東地方では梅雨はふつう 6 月上旬(じょうじゅん)から 7 月上旬にかけ て現(あらわ)れる。この梅雨と言う言葉の語源(ごげん)は はっ きりしない が,中国から伝わってきた語(ご)であると言うのが有力(ゆうりょく)である。そして, 梅の実(み)が熟(じゅく)す頃(ころ)降る雨な ので梅雨と呼ぶ のだと 考えら れ ている。

現在では梅雨は余(あま)り好まれていないが,本来(ほんらい)なら歓迎(かんげい)すべき自然現象(しぜんげんしょう)である。かつて昔に, 日本に 稲作農耕文化(いなさくのうこうぶんか)が起こったのはこの梅雨の おかげ である。稲(いね)は栽培(さいばい)に多量(たりょう)の水と高温(こうおん) を必要とする植物(しょくぶつ)で, 特に稲の成長期(せいちょう き)の初めに は多量の 水がいるので, 梅雨に植(う)え付けるのが特に適 (てき)してい る。もし,梅雨の 時に雨が降らなければ, 稲作(いなさく) は大打撃(だい だげき)を被ってしまう し, 水不足(みずぶそく)による 様々な不便が日常 (にちじょう)生活に生(しょ う) じてしまう。

しかし, 梅雨の時は蒸し暑く(むしあつく), じとじとして気持ちが悪く, どうしても私には梅雨は好きにはなれない。


現(あらわ)れる – показаться, проявиться

語源(ごげん) – этимология

有力(ゆうりょく) – веский, влиятельный

実(み) – плоды

熟(じゅく)す – поспевать

本来(ほんらい)なら – по существу

歓迎(かんげい) – радушный приём, приветствие

自然現象(しぜんげんしょう) – явление природы

稲作 農耕文化(いなさくのうこうぶんか) – культура возделывания риса

栽培(さいばい) – разведение, выращивание

植物(しょくぶつ) – растения

成長期(せいちょうき) – период роста (развития)


(う)え付ける – посадить, сажать

適(てき) – соответствие

じとじと – сырой

好きにはなれない – не могу любить


お盆(ぼん)

(Праздник поминовения предков)


夏には日本人にとって重要な行事(ぎょうじ)である。祖先(そせん)の霊

(れい)を祭るお盆である。お盆はうら盆の略(りゃく)で, ふつううら盆の日 ばかりで なくその前後数日間(じつかん)をも指している。うら盆は 7 世紀の 半ば過(す) ぎから日本で行なわれるようになった。祖先の霊(れい)を生前 (せいぜん)の罪(つみ)に対する苦(くる)しみから救(すく)うために祈(いの)る仏教(ぶっきょう)行事(ぎょうじ)である。新歴(しんれき)では 7 月 15日がそれに 当たる。

一般(いっぱん)には,あかりを目当(めあ)てにして祖先の霊(れい)は帰って来 ると言う考えから, 13 日の夕方にわらやおがらを門口(かどぐち)で燃(も)や して火を焚(た)き, 16 日には送り火を焚いて霊を送り帰すことになっている。 この 16 日の夕方に, 霊を送るために, お供(そな)えに使ったなすやきゅうり におがらやわらで足を作けて作った馬や牛, わらやおがらで作った舟, あるい は小さな灯籠(とうろう)を川に流したりする地方がある。

この期間に人々は輪(わ)になって歌に合わせて踊(おど)りを行なう。これは盆踊りと呼ばれ, 祖先の霊(れい)を慰(なぐさ)めるために行なわれるもので あった。しかし今では, 人々の親睦(しんぼく)と連帯(れんたい)を深(ふか) めると言う理由(りゆう)から, 各地で人々が好んで, 夏季(かき)の夕べに集 まって行う踊りのこと全般(ぜんばん)を指している。

先にも述(の)べたが, 新歴ではうら 盆 は 7 月 15 日に当たるが, この時期は 農繁期(のうはんき)なので, 8 月 15日に 行う地方が多い。そのため, 地方から 東京などに出て来ている多くの人達が 8 月 15 日の前後の数日間(すうじ つかん)帰省(きしょう)する。この期間に多くの 企業(きぎょう)が夏休みを 当てているので, 楽しそうに旅行に行く人や帰省 (きせい)する人の波(なみ) でどの駅も大混雑(だいこんざつ)をきたし,まるで民 族大移動(だいいどう) のようである。
行事(ぎょうじ) – праздник

祖先(そせん)の霊(れい)を祭る – праздник поминовения умерших предков

略(りゃく) – сокращение

ばかりで なく – не только …, но и…

指している – означать

生前 (せいぜん) – при жизни

罪(つみ) – проступок, преступление

苦(くる)しみ – мука и страдание

救(すく)う – спасать

新歴(しんれき) – новый календарь

当たる – приходиться

一般(いっぱん)に – обычно

目当(めあ)てにして – ориентироваться

わら – солома

おがら – стебель конопли

燃(も)やす – зажигать

焚(た)く – сжигать

送り火 – прощальный огонь

霊を送り – проводы духа предков

供(そな)え – приготовление

なす – баклажан

灯籠(とうろう) – фонарик

輪(わ) – круг, колесо

慰(なぐさ)める – развлекать

親睦(しんぼく) – дружба

連帯(れんたい) – солидарность

理由(りゆう) – причина, повод

全般(ぜんばん) – всё в целом

先にも述(の)べた – сказанное выше

当たる – попадать

農繁期(のうはんき) – страдная пора

帰省(きしょう), 帰省 (きせい)する – возвратиться в родные места

企業(きぎょう) – предприятия

大混雑(だいこんざつ) – давка и суета

まるで – совершенно, вовсе, точно

大移動(だいいどう) – большое переселение

お中元(ちゅうげん)とお歳暮(せいぼ)

(Подарки)


日本には, 6 月の終り頃から 7 月15 日 (または, 7 月終り頃から 8 月 15 日) までと年末に,贈物(おくりもの)をしあう習慣(しゅうかん)がある。 この ような贈答(ぞうとう)はそれぞれお中元, お歳暮と呼ばれている。

お中元とお歳暮は, 祖先(そせん)の霊(れい)を供養(くよう)するため に供物 (く もつ)を贈答(ぞうとう)し合うのが本来の意味であったが,現在 では多くの場合, 常日(つねひ)頃お世話になっている人, 例えば, 大事な お得意(とくい), 会 社の上司(じょうし), 仲人(なこうど), 主治医(しゅ じい), 子供の先生な どにお礼(れい)のしるしに贈(おく)る贈物をさしてい る。ふつう, これらの 品物は 本 人が直接(ちょくせつ)届(とど)けるが, 郵便や宅配便(たくはいびん) で送 る。

多くの日本人が,お中元, お歳暮を贈るので, デパ – ト, 大ス – パ – などに 高収 益(こうしゅうえき)をもたらしている。そのため,彼らは重要な行事 (ぎょうじ)と考え, この期間をお中元商戦(しょうせん)とか, お歳暮商戦と か呼んで い る。そして, 少しでも他の店より売上(うりあげ)を上げようと, 盛(さか)んに 宣伝(せんでん)したり,贈答(ぞうとう)品の種類(しゅるい)を 増(ふ)やしたり, ギフトコ – ナ – の開設(かいせつ)を早めたりと, あの手この 手の知恵(ちえ) をしぼっている。

ところが, 会社の重役(じゅうやく)とか, 医者とか, 人によっては多数の 品物をもらい過ぎて, その処置(しょち)に困る場合があるので, デパ – トでは そのような人のために特別(とくべつ)のコ – ナ – を設(もう)けて, 贈答品 (ぞ うとうひん)を商品券(しょうひんけん)や他の商品と交換(こうかん)している。そのうえ, この不用な贈答品(ぞうとうひん)半額(はんがく)で買い取り, それを定価(ていか)より安く売る店さえもある。


お中元(ちゅうげん) – подарки по случаю праздника «обон»

お歳暮(せいぼ) – подарки по случаю конца года

贈物(おくりもの) – подарок, подарки

しあう – взаимно (дарить)

贈答(ぞうとう) – обмен подарками

霊(れい)を供養(くよう) – поминовение умерших

供物 (く もつ) – пожертвования

本来 – первоначально

常日(つねひ) – обычные дни

得意(とくい) – клиент, заказчик

上司(じょうし) – начальство

主治医(しゅじい) – лечащий врач

しるし – знак, свидетельство

直接(ちょくせつ)届(とど)けるが – сами приносят (подарки)

宅配便(たくはいびん) – агентство, развозящее по домам

高収 益(こうしゅうえき) – высокая прибыль

行事 (ぎょうじ) – обряды, праздники

盛(さか)ん – процветание

宣伝(せんでん) – широкая реклама

増(ふ)やす(ます) – увеличиваться

ギフトコ – ナ – – отдел подарков

開設(かいせつ) – открытие

知恵(ちえ) をしぼる – ломать голову

ところが – между тем

重役(じゅうやく) – директоры (фирм)

処置(しょち)に困る – не знать, что делать

設(もう)ける – открывать, учреждать

商品券(しょうひんけん) – талон на получение товара

不用な贈答品(ぞうとうひん) – лишние подарки

半額(はんがく) –наполовину дешевле

定価(ていか)より安く売る – продать ниже цены

選挙(せんきょ)とダルマ

(Выборы и кукла Дарума)
総(そう)選挙, 参議院(さんぎいん)選挙, 市長選挙, 市議会(しぎかい) 議員選挙などの事務所にダルマが飾られているのをテレビで良く見かける。

周知(しゅうち)もごとく, ダルマは, 6 世紀に中国で禅宗(ぜんしゅ う) を 起こしたインド哲学者である。伝説(でんせつ)によれば, ダルマは 真理(しん り)を究 (きわ)めるためにあまりに長いこと, 9 年間もじっと 座っていたため, 手も足 も動かなくなってしまったという。日本では, 江戸時代に, 座ってい るダルマ をかたどった手も足もないダルマの人形 が作られるようになっ た。これらの人形はロシアの玩具(がんぐ)[起き 上がり小法師(こぼうし)]のように作られている。傾(かたむ)けてもすぐに元のように起き上ることが出来る。それで,[人生七転(ころ)び八起き] と言う諺(ことわざ)が作られた。 そして, ダルマ は商売繁盛(はんじょう), 開運(かいうん)の縁起物(えんぎもの) として考えられている。 願い事が ある時に片目(かため)が白目のダルマ を飾って, 願いがかなった 時に墨 (すみ)で目を書き入れると言う習慣がある。

それで, 選挙運動がうまくいくことを期待(きたい)して, 候補者(こうほ しゃ)の事務所にダルマを飾るのである。当選者(とうせんしゃ)がダルマにうれしそうに目を書き入れているのをテレビで見ると, 落選者(らくせん しゃ) のダルマはどうなってしまうのかといつも考えてしまう。たぶん, ゴミ箱に 捨(す)てられるか, 燃(も)やされてしまうのであろう。 なんと なくダルマの 人形が可愛(かわい)そうになってしまう。
総(そう) – всеобщие

参議院(さんぎいん) – палата советников

周知(しゅうち) – общеизвестный

禅宗(ぜんしゅう) – секта Дзэн

真理(しん り) – правда, истина

究 (きわ)める – исследовать, изучить

かたどった – уподобившийся

玩具(がんぐ) – игрушка

小法師(こぼうし) – священнослужитель

傾(かたむ)ける – наклонить

人生七転(ころ)び八起き – в жизни бывает 7 падений и 8 вставаний

商売繁盛(はんじょう) – удача в делах

開運(かいうん) – поворот к лучшему

縁起物(えんぎも の) – талисман

片目(かため) – один глаз

かなう – исполниться

うまく – искусно

期待(きたい) – ожидание, надежда

候補者(こうほ しゃ) – кандидат

当選者(とうせんしゃ) – избранный

落選者(らくせんしゃ) – не избранный

なんとなく – что-то

可愛(かわい)そう – жалко

ボ-ナス
日本では, 勤め人は春, 夏, 冬にボ-ナスをもらうのが習慣(しゅうかん) になってうる。それぞれ年度末手当て, 夏期手当て, 年末手当てと名称 (め いしょう)もつけられ, 金額(きんがく)も順(じゅん)に高くなるようになっ て いる。

多くの企業(きぎょう)は, 業績(ぎょうせき)に応(おう)じてボ-ナスの 額 (がく)を決(き)めて支払(しはら)っている。今(こん)年度の業績(ぎょうせき)が好調(こうちょう)な一部の企業(きぎょう)では, 給料(きゅうりょう) 10ヵ 月分のボ-ナスを社員に支給(しきゅう)するそうである。 国家公務員 (こうむ いん)や学校の教職員(きょうしょくいん)は,企業の業績(ぎょうせ き)に無関係にボ-ナスを受け取る。

冬のボ-ナスは, ふつう, 正月, 冬のバカンス, 高価(こうか)な物の購入 (こうにゅう)のために使かわれており, 家計(かけい)の補充(ほじゅう) として 重要なものとなっている。銀行はボ-ナスを家族のふところではな くて, なん とか自分の所の金庫(きんこ)の中に納(おさ)めさせておきたい と願う。それで, とくにこの時期は熱心(ねっしん)に銀行は預金(よきん) を勧誘(かんゆ う)

する。

年度末手当て – бонус в конце финансового года


夏期手当て – летний бонус

年末手当て – бонус в конце года

名称 (め いしょう) – называться

金額(きんがく) – сумма

順(じゅん)に高くなる – последовательно повышаться

業績(ぎょうせき)に応(おう)じて – в зависимости от достижений предприятия

額 (がく) – сумма

業績(ぎょうせき) – достижение

好調(こうちょう)な – благоприятный ход дел

支給(しきゅう) – выдача

国家公務員(こうむ いん) – госслужащие

教職員(きょうしょくいん) – работники (школ)

高価(こうか)な – дорогостоящий

購入 (こうにゅう) – приобретение

家計(かけい)の補充(ほじゅう) – бюджет семьи

ふところ – карман

金庫(きんこ) – сейф
(おさ)める – положить

とくに熱心(ねっしん) – особенно активно

預金(よきん) – класть в банк

勧誘(かんゆう) – привлечение, убеждение

縁起(えんぎ)の良い数字と悪い数字

(Счастливые и несчастливые числа)


病院(びょういん)に人を見舞(みま)いに行ってすぐに気が付(つ)くことは, 病室(びょうしつ)に 4 号室がないことである。病院によっては, 4 階が無 いことさえある。病院から 4 と言う数字を徹底的(てっていてき)に追放 (ついほう)している場合もよくある。これは四と言う音読みが, 同じ音を 持つ死 と言う漢字を連想(れんそう)させるからである。

4 の他に日本人の嫌(きら)う数字に 9 がある。九と言う数字の音読みが 苦(く)の字につながると言う理由(りゆう)である。

一般(いっぱん)に日本で は, 奇数(きすう)は中国の習慣(しゅうかん)に 従(したが)って縁起(えんぎ)の よい数字とされている。例えば, 3, 5, 7 が好まれている。8 は偶数(ぐうすう)であるが, 例外(れいがい)で, 特(と く) に縁起(えんぎ)が良いとされている。それは, この漢数字 (八)の形が末 広 (すえひろ)がりになっているためである。末広がりと言うのは, 転義 (て んぎ)として,[栄(さか)えていく]と言うことを意味しているからである。

もし 13 日が金曜日になると, キリスト教徒(きょうと)にとっては縁起の 悪い兆(きざ)しとなる。彼らはそのような日には, あらゆる悪いことを予期 (よき)して, 特に気をつけようと心がけるが, 大多数の日本人は気にもかけ ない。


縁起(えんぎ) – примета

見舞(みま)い – навестить больного

さえ – даже

徹底的(てっていてき) – абсолютно

追放(つい ほう) – изгнание

連想(れんそう)させる – ассоциироваться

苦(く) – страдание, мука

つながる – быть прикреплённым, присоединённым

理由(りゆう) – причина, повод

一般(いっぱん) – вообще, обычно

奇数(きすう) – нечётное число

従(したが)って – поэтому, следовательно

偶数(ぐうすう) – чётное число

例外(れいがい) – исключение

末広 (すえひろ)がり – расширение к концу (как раскрываемый веер)

転義(てんぎ) – переносный смысл

栄(さか)える – расти, процветать

兆(きざ)し – признак, симптом

あらゆる – всевозможные

予期 (よき) – ожидание, предположение, надежда

心がける – намереваться

大学生のアルバイト

(Подработки студентов)
大学の入学試験に受かると,学生達の大半(たいはん)は勉強をそっちのけで, アルバイトに専念(せんね ん)する。彼らがするアルバイトをその目的から次 の二つに別(わ)けられる。 その第一は, 学費と生活費を得(え)るために行う アルバイトである。周知(しゅうち)のごとく, 私立大学の入学金と授業料は 非常 (ひじょう)に高い。 その上, もしその学生が親から離(はな)れて大学生 活を送るとなると, その 生活費は大変な額(がく)となる。 当然 (とうぜん)の こと, 子 供を大学にやる 親がすべて金持ちであるはずはなく, その出費(しゅ っぴ)を 賄(まかな)うのは並(な)みたいていのことではない。 親の負担(ふた ん)を少しでも減(へ)らそうと, アルバイトに精(せい)を出すわけである。

けれども, このような苦(く)学生ばかりではない。友達と遊ぶ金を得(え)る ためや,勉強に関係ないものを買うために働く学生のむしろ多いかもしれない。これが, いわゆるレジャ – のための金を得(え)るためにするアルバイト であ る。この場合は遊ぶ金まで親からもらうのは恥(は)ずかしいからとか, 自分の金で好きなことを親に干渉(かんしょう)されずにしたいからとかいった理由で彼らは喜(よろこ)んで働いている。

学生達は様々な種類(しゅるい)のアルバイトを行っているが, 店員, レスト ランなどの ウエイタ – かウエイトレス, 荷物(にもつ)配送係(はいそうがかり), 家庭教師, 塾(じゅく)の先生, ガ – ドマンといった職種(しょくしゅ)が好まれ ている。 短期間に多額(たがく)の金を得(え)ようとする男子学生は, 給料(きゅ うりょ う)の良い肉体労働を選ぶ場合もある。長期休暇(きゅうか)になると, 学生達 は特(とく)に積極的(せっきょくてき)にアルバイトをして, 休暇を楽 しむ金を 得ようとする。授業のことを気にかけずに思う存分(ぞんぶん)に 働けるので, なかにはサラリ – マンの月給(げっきゅう)よりも多く稼(かせ)ぐ 学生もいる。企業側(きぎょうがわ)もこのような学生の大きな労働力を当て にしているので, もし学生アルバイトがいなくなってしまったら,日本の 経済は苦境(くきょ う)におちいると言っても過言(かごん)ではないだろう。
試験 – экзамен

そっちのけ – забросить

専念(せんね ん) – всецело, всей душой

別(わ)ける(分ける) – отделить, выделить

周知(しゅうち)のごとく – как известно

離(はな)れる – покинуть родительский дом

額(がく) – сумма

当然 (とうぜん) – естественно, само собой

出費(しゅ っぴ)を 賄(まかな)う – оплатить расходы

並(な)みたいていのことではない – нелёгкое дело

負担(ふた ん)を少しでも減(へ)らす – облегчить положение

精(せい) – энергия, сила

わけ – значение, смысл

苦(く)学 – учиться в трудных условиях

むしろ – скорее…, чем

いわゆる – так называемый

レジャ – досуг

恥(は)ずかしい – стыдно

干渉(かんしょう) – независимо

種類 – вид, сорт

配送係(はいそうがかり) – посыльный

塾(じゅく)の先生 – учитель дополнительной частной школы

ガ – ドマン – сторож

職種(しょくしゅ) – род занятий

多額(たがく) – крупная сумма

長期休暇(きゅうか) – каникулы

気にかけず – не брать в голову

存分(ぞんぶん)に – сколько угодно

稼(かせ)ぐ – заработать

企業 – промышленное предприятие

当て – расчёт, надежда

苦境(くきょ う) – тяжёлое положение


過言(かごん) – преувеличение скачать файл
ИСАА МГУ 31
Кондо Мари Магическая уборка. Искусство наведения порядка
ИСАА МГУ 79
Преподавание русского как иностранного: где я училась?
ИСАА МГУ 62
Гривадий Горпожакс. Джин Грин - неприкасаемый: карьера
ИСАА МГУ 79
Как едят различные блюда. Этикет. Правила этикета. Как
ИСАА МГУ 95
Топ-25: самые распространенные символы и их значение
ИСАА МГУ 51
Тексты Для обучения чтению на японском языке
ИСАА МГУ 87
Василий Аксенов. "Таинственная страсть"
ИСАА МГУ 30
Школа СП "Вьетсовпетро"
ИСАА МГУ 47
Император Японии Википедия
ИСАА МГУ 75
Cамоделки для рыбалки и охоты /
ИСАА МГУ 17
ИСАА МГУ 40
ИСАА МГУ 45
ИСАА МГУ 40
ИСАА МГУ 71
ИСАА МГУ 18
ИСАА МГУ 53
ИСАА МГУ 13

Читать далее:

  • Дикий виноград в домашних условиях
  • Авто для города своими руками
  • Ускоряем метаболизм в домашних условиях
  • Набор для гель лаков в домашних условиях с лампой
  • Дизайн и интерьер квартиры своими руками